vm.gowatana.jp

NEOにほんごVMware(仮)

vSphere with Tanzu ラボ環境構築。Part-01: 環境説明編

vSphere 7.0 から、vSphere で Kubernetes ワークロードを実行する機能が追加されました。vSphere 7.0 リリース時点では「vSphere with Kubernetes」、vSphere 7.0 U1 からは「vSphere with Tanzu」と呼ばれています。

 

ドキュメントは下記のあたりです。

 

この機能を「ちゃんとサポートされた構成」で構築するには、ハードウェア/ソフトウェア要件がわりと厳しめです。そこで今回は、とりあえず機能を体験するためのラボ環境(NSX-T あり)を構築してみます。

一連の投稿のまとめ

 

環境説明

スーパーバイザー クラスタでの Kubernetes は、NSX-T の利用を前提としています。これから構築するラボ環境のネットワーク構成は、下記のような感じになります。

NSX-T では、Tier-0 Gateway を手作業で作成しておく必要があります。(NSX の各要素の設定については、のちほど説明するつもり・・・)

f:id:gowatana:20201115175533p:plain

 

vSphere Client から見ると、それぞれ下記のように見えます。

f:id:gowatana:20201115173637p:plain

 

サーバ構成

今回は、下記のようなサーバ構成にしています。図の赤破線内の VM は、あらかじめ用意しておきます。

  • 物理マシンは、サーバではなく、ちょっと性能がいい PC を利用します。
  • ネステッド ハイパーバイザ環境です。(ESXi 上の VM に、ゲスト OS として ESXi をインストール)
  • 頑張れば、もう少し CPU / メモリ リソースは削減できます。
  • vCPU / vRAM 割り当てが大きい vCenter、NSX Manager、NSX Edge は、ネステッド ESXi の外側に配置。
  • スーパーバイザー クラスタのラボ環境むけに、新規で vCenter を用意して、 ネステッド ESXi を登録しています。

f:id:gowatana:20201115175803p:plain

 

ネストの内側の環境について

まず、今回スーパーバイザー クラスタにする vSphere 環境です。ESXi 3ノードの vSphere クラスタ(wcp-cluster-01)を構成しています。

バージョンは下記です。

  • vCenter Server 7.0.0a
  • ESXi 7.0 GA

f:id:gowatana:20201115180058p:plain

 

ESXi の共有データストアは NFS を利用しました。

一般的には vSAN になると思いますが、ネステッド環境のスペックの都合上 NFS にしています。シン プロビジョニングになるので、搭載 VM の VMDK 合計よりも少ない容量(500 GB程度)です。

f:id:gowatana:20201115180226p:plain

 

ESXi には、「ワークロード管理」の機能をもつライセンスが必要です。今回は、ESXi インストール直後の評価モード(60日間の)です。

f:id:gowatana:20201115180334p:plain

 

ネストの外側の環境について

ここまでに紹介した「ネステッド vSphere」の外側の vSphere です。機能上ネステッド ESXi 上にのせる必要がない VM は、あえて外側の vSphere に配置しています。

 

下記の VM が稼働しています。

  • ESXi の VM が 3つ
  • vCenter
  • NSX Manager
  • NSX Edge (スクリーンショットにはまだ存在しない)
  • NFS データストアにしている Linux VM

f:id:gowatana:20201115180626p:plain

 

ネステッド ESXi(ESXi をインストールしている VM)の vNIC では、ネストむけのポートグループを割り当てます。この環境では vDS を利用しており、分散ポートグループは次のように設定しておきます。

  • VLAN トランク(0-4094)。※vSS の標準ポートグループの場合は VLAN 4095。
  • 無差別モード、MAC アドレス変更、偽装転送を「承諾」。

f:id:gowatana:20201115180746p:plain

 

また、この vDS も NSX-T オーバーレイ ネットワークの経路になるので、MTU を 1600 に設定しておきます。

f:id:gowatana:20201115180903p:plain

 

つづく。