vm.gowatana.jp

NEOにほんごVMware(仮)

自宅ラボ NSX-T 3.1 の構築。Step-07: Tier-0 ゲートウェイの作成

NSX-T のネステッド ESXi 環境を利用したラボを構築してみます。今回は、Tier-0 ゲートウェイを作成します。

前回はこちら。

今回の内容です

NSX-T の論理ルータ

NSX-T では、Tier-0 ゲートウェイと Tier-1 ゲートウェイという、2種類のルータを作成します。

これは、以前の NSX-T(NSX-T 2.x の頃)では Tier-0 / Tier-1 論理ルータとして作成していたコンポーネントにあたります。NSX-T 3.1 でも Tier-0 / Tier-1 論理ルータは作成可能ですが、特別な事情がない限り Tier-0 /  Tier-1 ゲートウェイを利用することになるはずです。

基本的には、Tier-0 ゲートウェイは外部ネットワークと NSX-T によるネットワークとの境界になり、Tier-1 ゲートウェイはテナントごとに用意する、といった構成ができます。ちなみに、Tier-0 ゲートウェイだけで NSX-V のようなネットワークを構成にしたり、ラボとして Tier-1 ゲートウェイだけのネットワークを構成したりすることも可能です。

今回のラボでは、機能確認しやすいように Tier-0 / Tier-1 ゲートウェイ両方を作成します。そしてこの投稿では、Tier-0 ゲートウェイと、そのアップリンクを接続する VLAN セグメントを作成します。

VLAN セグメントの作成

あらかじめ、Tier-0 ゲートウェイのアップリンクを接続する「VLAN セグメント」を作成しておきます。通常の分散ポートグループと同様に VLAN ネットワークに接続できますが、作成や削除といった操作は、NSX Manager から実施ます。

NSX Manager で、「ネットワーク」→「接続」→「セグメント」→「セグメント」タブを開いて、「セグメントの追加」をクリックします。

つぎのようにパラメータを入力して、下にスクロールします。

  • セグメント名: ここでは seg-vlan-200
  • トランスポート ゾーン: nsx-vlan-transportzone
  • VLAN: 200

Tier-0 ゲートウェイのアップリンクのために作成しますが、このでの「接続されたゲートウェイ」は「なし」のままにします。

f:id:gowatana:20210208010420p:plain

「保存」をクリックします。

f:id:gowatana:20210208010433p:plain

このまま設定を進めることができますが、ここでの VLAN セグメントの設定は十分なので、「この Segment の設定を続行しますか?」では「いいえ」をクリックします。

f:id:gowatana:20210208010447p:plain

セグメントが作成されました。

f:id:gowatana:20210208010459p:plain

Tier-0 ゲートウェイの作成

 つづけて、Tier-0 ゲートウェイを作成します。

Tier-0 ゲートウェイの作成

「ネットワーク」→「接続」→「Tier-0 ゲートウェイ」を開いて、「ゲートウェイの追加」→「Tier-0」をクリックします。

f:id:gowatana:20210208011705p:plain

次のようにパラメータを入力して、「保存」をクリックします。

  • Tier-0 ゲートウェイの名前: ここでは「t0-gw-01」
  • HA モード: アクティブ/スタンバイ
  • Edge クラスタ: ここでは「edge-cluster-01」※以前の投稿で作成したもの

f:id:gowatana:20210208011929p:plain

Tier-0 ゲートウェイに設定を追加するので、「この Tier-0 ゲートウェイ の設定を続行しますか?」では「はい」をクリックします。

f:id:gowatana:20210208011940p:plain

アップリンク インターフェイスの作成

Tier-0 ゲートウェイに、アップリンクとなるインターフェイスを作成します。

「インターフェイス」→「設定」を開きます。

f:id:gowatana:20210208015259p:plain

「インターフェイスの追加」をクリックします。

f:id:gowatana:20210208015442p:plain

次のようにパラメータを入力して、「保存」をクリックします。

  • 名前: t0-uplink-01
  • IP アドレス/マスク: 192.168.200.2/24
  • 接続先 (セグメント): seg-vlan-200 ※冒頭で作成した VLAN セグメント
  • Edge ノード: lab-nsx-edge-21 ※以前の投稿でデプロイした NSX Edge 1台目

f:id:gowatana:20210208015558p:plain

1つめのインターフェイスが作成されました。

Edge クラスタには Edge トランスポート ノードが 2台あるため、つづけて 2つめのインターフェイスを作成します。

f:id:gowatana:20210208015740p:plain

次のようにパラメータを入力して、「保存」をクリックします。

  • 名前: t0-uplink-02
  • IP アドレス/マスク: 192.168.200.3/24
  • 接続先 (セグメント): seg-vlan-200 ※冒頭で作成した VLAN セグメント
  • Edge ノード: lab-nsx-edge-22 ※以前の投稿でデプロイした NSX Edge 2台目

f:id:gowatana:20210208015859p:plain

作成した 2つのインターフェイスを展開した様子です。「閉じる」をクリックします。

f:id:gowatana:20210208020018p:plain

Tier-0 ゲートウェイの画面でも、インターフェイスが 2つ作成されたことがわかります。

f:id:gowatana:20210208020220p:plain

 

HA VIP の構成

このラボでは、Edge トランスポート ノードを2台用意してあるので、HA VIP を構成ししておきます。

Tier-0 ゲートウェイの「HA VIP 構成」→「設定」を開きます。

f:id:gowatana:20210208020643p:plain

「HA VIP 構成の追加」をクリックし、次のようにパラメータを入力して「追加」をクリックします。

  • IP アドレス/マスク: 192.168.200.4/24
  • インターフェイス: t0-uplink-01、t0-uplink-02 ※前手順で作成したもの

f:id:gowatana:20210208021045p:plain

HA VIP 構成の内容を確認して、「適用」をクリックします。

f:id:gowatana:20210208021134p:plain

Tier-0 ゲートウェイの画面でも「HA VIP 構成」が「1」と表示されたことを確認して、「保存」をクリックします。

f:id:gowatana:20210208021343p:plain

スタティック ルートの設定

このラボでは特にルーティング プロトコルを利用しないので、外部ネットワークとの接続のために、スタティック ルートを設定しておきます。

Tier-0 ゲートウェイの「ルーティング」→「スタティック ルート」→「設定」を開きます。

f:id:gowatana:20210208021536p:plain

デフォルト ルートとして、外部ネットワークにあるルータのアドレスを指定します。「スタティック ルート の追加」をクリックして、次のようにパラメータを入力します。

  • 名前: t0-static-route
  • ネットワーク: 0.0.0.0/0

ネクスト ホップを設定するため「設定」をクリックします。

f:id:gowatana:20210208021837p:plain

「ネクスト ホップの設定」をクリックし、外部ネットワークに用意してあるルータの IP アドレスを入力して、「追加」をクリックします。

  • IP アドレス: 192.168.200.1

f:id:gowatana:20210208022300p:plain

「適用」をクリックします。

f:id:gowatana:20210208022550p:plain

ネクスト ホップが「1」になりました。

「保存」→「閉じる」をクリックして、画面を閉じます。

f:id:gowatana:20210208022659p:plain

Tier-1 ゲートウェイの画面でも「スタティック ルート」が「1」になりました。

「編集を終了」をクリックすると、ひとまず Tier-1 ゲートウェイの設定完了です。

f:id:gowatana:20210208022755p:plain

つづく。

自宅ラボ NSX-T 3.1 の構築。Step-08: Tier-1 ゲートウェイの作成 - vm.gowatana.jp