vm.gowatana.jp

NEOにほんごVMware(仮)

小規模 Horizon 8 ラボ構築。Part-02 仮想化基盤(vSphere)の準備

VMware Horizon の操作を検証するために、小規模なラボを構築していきます。

前回(ラボ環境の説明)はこちら。

 

今回の内容です。

 

0. ソフトウェア の用意

下記のソフトウェアを用意しておきます。利用したインストーラ(評価版)は下記です。

 

vSphere 7

  • VMware vCenter Server 7.0 U3c
    VMware-VCSA-all-7.0.3-19234570.iso
  • VMware ESXi 7.0 U1c
    VMware-VMvisor-Installer-7.0U1c-17325551.x86_64.iso
    このバージョンを使用しているのは、すでにインストールされていたホストを流用したため。(NIC ドライバが適用できてたので・・・)

 

VMware Horizon 8

  • VMware-Horizon-Connection-Server-x86_64-8.4.0-19052438.exe
  • VMware-Horizon-Agent-x86_64-2203-8.5.0-19564166.exe

 

Windows Server 2019

  • 17763.1158.200413-1759.rs5_release_svc_refresh_SERVER_EVAL_x64FRE_ja-jp.iso

 

vSphere 7 と Horizon 8 の評価版は、下記から入手できます。特に利用するバージョンへのこだわりがないのであれば、Horizon の評価版には vSphere も含まれています。

 

1. ESXi ホストの準備

物理マシンに ESXi をインストールして、データストアとポートグループを用意しておきます。

 

1-1. ESXi のインストール

まず、物理マシンに ESXi をインストールしておきます。

しかし今回は、ESXi をインストールしてある状態から進めます。Web ブラウザから ESXi の IP アドレス(今回は 192.168.80.31)にアクセスして、Host Client で作業します。

 

1-2. ESXi の準備

データストアとポートグループを、1つずつ作成しておきます。

 

データストア

仮想マシンを作成できるように、搭載してある SSD で、ローカル VMFS データストアを作成しておきます。下記の名前でデータストアを作成してあります。

  • Datastore-Local-VMFS-31

 

ポートグループ

仮想マシンを外部のネットワークに接続できるように、ポートグループを作成しておきます。このラボのネットワークでは VLAN 80 を利用しているので、下記の名前でポートグループを作成してあります。

  • pg-vlan-0080

VLAN 0 のみを利用する環境であれば、デフォルトで作成される「VM Network」ポートグループをそのまま利用できます。

 

2. vCenter Server のデプロイ(vcsa-deploy)

手順を効率化するため、VCSA を CLI(vcsa-deploy.exe)でデプロイします。

 

2-1. ISO イメージ ファイルのマウント

VCSA インストーラの ISO イメージ ファイル(下記)をマウントしておきます。

  • VMware-VCSA-all-7.0.3-19234570.iso

今回は、D: ドライブにマウントしてあります。

 

2-2. JSON ファイルの用意

まず、VCSA をデプロイするための設定を記載した JSON ファイルを作成します。

この JSON ファイルは、VCSA の ISO イメージ ファイルに含まれる下記のテンプレート ファイルを参考にします。

  • D:\vcsa-cli-installer\templates\install\embedded_vCSA_on_ESXi.json

 

lab-vc-81.json ファイルを、下記のように作成します。(今回はフルパスだと C:\work\lab-vc-81.json)

  • VCSA の仮想マシン名: lab-vc-81
  • VCSA のサイズ: 極小(tiny)
  • ポートグループ: pg-vlan-0080
  • IP アドレス: 192.168.80.21/24
  • デフォルト ゲートウェイ: 192.168.80.1
  • シン プロビジョニング: 有効("thin_disk_mode": true)
  • データストア: Datastore-Local-VMFS-31
  • 各種パスワード: VMware1!
  • DNS サーバと NTP サーバのアドレスは、この時点では空欄にしてあります。

gist.github.com

 

なお、今回はまだ DNS サーバ(AD)を構築していないので、IP アドレスでログインできるように「system_name」が IP アドレスでの指定になっています。

  • "system_name": "192.168.80.21"

この設定により、Web ブラウザから vSphere Client からログインする際に不都合があったりします。これは本来は FQDN を指定すべきものなので、DNS サーバ構築後に VCSA の設定を修正(ホスト名と PNID を FQDN に変更)します。

 

2-3. vcsa-deploy.exe の実行

作成した JSON ファイル(C:\work\lab-vc-81.json)を指定して、vcsa-deploy.exe コマンドを「--precheck-only」オプションありで実行します。

PS> D:/vcsa-cli-installer/win32/vcsa-deploy.exe install --accept-eula --no-ssl-certificate-verification --precheck-only C:\work\lab-vc-81.json

 

事前チェック(--precheck-only)に問題がなければ、下記のように「 [SUCCEEDED] Successfully executed Task 'Precheck ovftool commandline parameters」といった結果が表示されます。

 [SUCCEEDED] Successfully executed Task 'Precheck ovftool commandline parameters
to deploy a vCenter Server Appliance' in TaskFlow 'lab-vc-81' at 15:48:53
=================================== 15:48:53 ===================================
Result and Log File Information...
WorkFlow log directory:
C:\Users\xxxx\AppData\Local\Temp\vcsaCliInstaller-2022-05-06-15-48-ptdrdua1\workflow_1651852113035

 

vcsa-deploy.exe を「--precheck-only」オプションなしで実行して、ESXi に VCSA をデプロイします。

PS> D:/vcsa-cli-installer/win32/vcsa-deploy.exe install --accept-eula --no-ssl-certificate-verification C:\work\lab-vc-81.json

 

デプロイ処理が完了すると、下記のようにデプロイした VCSA の情報と、「[SUCCEEDED] Successfully executed Task 'ApplianceLoginSummaryTask: Provide」といったメッセージが表示されます。

appliance. at 16:28:20
    Appliance Name: lab-vc-81
    System Name: localhost
    System IP: 192.168.80.21
    Log in as: Administrator@vsphere.local
 [SUCCEEDED] Successfully executed Task 'ApplianceLoginSummaryTask: Provide
appliance login information.' in TaskFlow 'lab-vc-81' at 16:28:20
=================================== 16:28:20 ===================================
Result and Log File Information...
WorkFlow log directory:
C:\Users\xxxx\AppData\Local\Temp\vcsaCliInstaller-2022-05-06-15-58-7a0j5uqu\workflow_1651852728607

 

vCenter への ESXi 登録

Web ブラウザから、VCSA のアドレス(https://192.168.80.21/ui/)にアクセスして、vSphere Client にログインします。そして、ログイン直後は vCenter インベントリがからの状態なので、ESXi を登録できるように下記のオブジェクトを作成しておきます。

  • データセンタ: Datacenter-81
  • クラスタ: lab-cluster-81。ついでに、クラスタの「クイック スタートをスキップ」をクリックしておきます。

 

クラスタ「lab-cluster-81」の右クリック →「ホストの追加」から、ウィザードに従って ESXi(192.168.80.31) を登録しておきます。

vCenter に ESXi を登録すると、デプロイされた VCSA の仮想マシン(lab-vc-81)が起動されている様子が確認できます。

 

これで、ひとまず仮想化基盤の準備ができたので、次は Active Directory を構築します。

つづく。