vm.gowatana.jp

NEOにほんごVMware(仮)

vSphere 7.0 と 7.0 U1 での「ワークロード管理」有効化の違いについて。(NSX-T あり編)

vSphere 7.0 U1 では「vSphere with Kubernetes」が「vSphere with Tanzu」になり、製品構成や技術的な面で vSphere 環境で Tanzu Kubernetes Grid によるKubernetes が利用しやすくなりました。

たとえば、NSX-T がなくても Kubernetes が利用できるようになりました。その一方で、vSphere 7.0 のときと同様の、NSX-T を組み込んだスーパーバイザー クラスタも利用できます。ただ、スーパーバイザー クラスタを作成する「ワークロード管理」の有効化にも少し手順変更があったので、主な差分について紹介しておきます。

 

ドキュメントでは下記のあたりです。(ただし、若干 vSphere 7.0 からの差分は確認しにくいかなと思います)

 

なお、おおまかな流れとしては以前のスーパーバイザー クラスタの構築手順で、vSphere 7.0 U1 でも環境構築できます。これまでのラボ構築の様子です。

NSX-T を利用しないパターンは次のような様子で、かわりに HAProxy を利用します。

 

今回の内容です。

 

vSphere 7.0 U1 での「ワークロード管理」有効化の準備

vSphere や NSX-T の準備については、vSphere 7.0 時点とほぼ同様です。

ただし、Tanzu Kubernetes Grid(TKG)のコンテンツ ライブラリを、事前に作成しておくようになりました。vSphere 7.0 時点では、TKG の OVF テンプレートををダウンロードするコンテンツ ライブラリを、Tanzu Kubernetes Cluster を作成する前に作成する必要がありました。

7.0 U1 では「ワークロード管理」を有効化する前に、コンテンツ ライブラリの準備が必要になります。コンテンツ ライブラリ未作成の場合は、エラーとなり「ワークロード管理」有効化を開始できません。

f:id:gowatana:20201122151728p:plain

 

そこで、事前準備として TKG のコンテンツ ライブラリを作成しておきます。これは下記投稿での「コンテンツ ライブラリの準備」にある手順と同様です。

 

ライブラリに含まれる OVF(Kubernetes のバージョン)は増えており、この投稿の時点では下記のようになっています。

f:id:gowatana:20201122152000p:plain

 

vSphere 7.0 U1 での「ワークロード管理」の有効化

「ワークロード管理」の有効化は、ひと通り画面遷移を掲載しておきます。

 

参考として、以前の vSphere 7.0 時点での様子は下記をどうぞ。

 

vCenter Server 7.0 U1 からは、vSphere Client で「メニュー」→「ワークロード管理」を開くと、ライセンス追加、もしくは評価版利用者の基本情報入力する画面が追加されています。

f:id:gowatana:20201122152143p:plain

 

評価版として利用する場合は、情報を入力して「開始する」をクリックすると、下記画面に遷移します。

「開始する」で次に進みます。

f:id:gowatana:20201122152300p:plain

 

「vCenter Server とネットワーク」画面の「ネットワーク スタック オプションを選択します」にて、「NSX-T」もしくは「vCenter Server Network」を選択します。

今回は、従来どおり「NSX-T」を選択します。

f:id:gowatana:20201122152336p:plain

 

「クラスタを選択」の画面は、7.0 と同様に、対象のクラスタを選択します。

f:id:gowatana:20201122152418p:plain

 

ここからは、以前の vSphere 7.0 の頃と同様の情報入力が続きます。

「制御プレーンのサイズ」を選択します。

f:id:gowatana:20201122152539p:plain

 

「ストレージ」で、用途ごとに仮想マシン ストレージ ポリシーを選択します。

f:id:gowatana:20201122152618p:plain

 

「管理ネットワーク」の情報を入力します。

vSphere 7.0 U1 では、管理とワークロードとで入力画面が明確に分割されました。

f:id:gowatana:20201122152651p:plain

 

「ワークロード ネットワーク」の情報を入力します。

f:id:gowatana:20201122152728p:plain

 

「TKG 構成」は、vSphere 7.0 U1 から追加されました。

事前に作成した、TKG のコンテンツ ライブラリを選択します。ただし、ワークリード管理の有効化と同時に Tanzu Kubernetes クラスタが作成されるわけではありません。

f:id:gowatana:20201122152829p:plain

 

「確認」で、「完了」をクリックすると、処理が開始されます。

f:id:gowatana:20201122152919p:plain

 

しばらく(ラボ環境では数十分)待つと、「ワークロード管理」が有効化されます。これで、スーパーバイザー名前空間が作成できるようになります。

ちなみにクラスタ名の隣にある「!」マークが表示されているのは、評価版のためです。

f:id:gowatana:20201122153014p:plain

 

vSphere 7.0 U1 での Tanzu Kubernetes クラスタの様子

Tanzu Kubernetes クラスタ(TKC)の作成方法は、vSphere 7.0 と同様です。以前の投稿した流れのように作成できます。

 

ただし、デフォルトの CNI が Calico から Antrea になりました。TKC を定義するマニュフェスト(YAML 形式)で CNI を定義していない場合は、Antrea がインストールされます。

例えば、下記のような YAML で TKC を作成してみます。

gist.github.com

 

この YAML では、あえて CNI の指定(下記のような)は省略しています。

・・・
spec:
  settings:
    network:
      cni:
        name: antrea #or calico
・・・

 

TKC を作成します。

$ kubectl apply -f ./tkg-cluster-03.yml

 

kubectl vsphere login でログインした後に、作成された TKC を確認すると、Antrea が利用されていることがわかります。

f:id:gowatana:20201122153453p:plain

 

以上、vSphere 7.0 U1 での「ワークロード管理」有効化の様子でした。