vm.gowatana.jp

NEOにほんごVMware(仮)

NSX ALB(Avi)から Ansible で情報取得してみる。(JSON ファイル)

VMware NSX Advanced Load Balancer(NSX ALB、旧 Avi)から、Ansible で既存オブジェクトの情報を取得して、JSON 形式のファイルとして保存してみます。 今回の内容です。 Ansble による NSX ALB オブジェクトの情報取得について 今回の環境 Playbook の作…

NSX ALB(Avi)に Ansible で接続してみる。

VMware NSX Advanced Load Balancer(NSX ALB、旧 Avi)に、Ansible で接続してみます。 今回の内容です。 今回の環境 Ansible 実行環境 NSX ALB の Ansible モジュール NSX ALB 環境 Ansible RPM のインストール Ansible の NSX ALB 接続準備 Ansible から …

NSX ALB(Avi)Essentials エディションで SSL 証明書を作成してみる。(Avi CLI)

VMware NSX Advanced Load Balancer(NSX ALB、旧 Avi)の Essentials エディションでは、Avi UI のメニューに制限があります。 SSL 証明書の作成ボタンも表示されなくなってしまいますが、vSphere with Tanzu でのスーパーバイザ クラスタ構成時には、Avi C…

NSX ALB の Avi CLI を VMware Photon OS 4.0 で使用してみる。

VMware NSX Advanced Load Balancer(NSX ALB、旧 Avi)の CLI である「Avi CLI」は、Avi Controller VM に SSH ログインすれば使用できます。しかし Avi CLI は、Linux / Mac / Docker コンテナにインストールして使用することもできます。 そこで、Linux …

vSphere with Tanzu NSX-ALB(Avi)版ラボ環境構築。(NSX-ALB Essentials 編)

vSphere with Tanzu では、ロードバランサとして VMware NSX Advanced Load Balancer(NSX ALB、旧 Avi)が利用できます。そして、Tanzu Basic または Standard には、NSX ALB Essentials エディションが含まれています。 VMware NSX Advanced Load Balancer…

NSX ALB(Avi)を Essentials エディションに変更してみる。

VMware NSX Advanced Load Balancer(NSX ALB、旧 Avi)には、VMware NSX Advanced Load Balancer essentials for Tanzu という Tanzu Tanzu Basic または Standard むけのエディションがあります。そこで、実際に NSX ALB を Essentials に変更してみます。…

NSX ALB(Avi)の検証環境を構築してみる。

NSX Advanced Load Balancer(Avi)の検証環境を構築してみます。 ドキュメントでは、まずこのあたりが参考になります。ただし、バージョン 20.1.4 → 20.1.5 で、初回 Avi UI アクセス時のウィザードが大きく変更されました。 Installing Avi Vantage for VM…

vSphere with Tanzu での「名前空間のセルフ サービス」を試してみる。(vSphere 7.0 U2a)

vSphere 7.0 U2a の新機能である、名前空間サービスを有効化してみます。これは、kubectl を利用して、開発者自身が(vSphere の管理者に依頼しなくても)セルフ サービスでスーパーバイザー名前空間を作成できるようになる、というものです。 ドキュメント…

vSphere with Tanzu の VM Service を試してみる。(vSphere 7.0 U2a)

vSphere 7.0 U2a の新機能である、スーパーバイザー クラスタでの Virtual Machine Service(VM Service)を試してみます。 今回の内容です。 VM Service とは 今回の環境 ソフトウェア バージョン スーパーバイザー名前空間 コンテンツ ライブラリの準備 VM…

vSAN 7.0 U2 の持続性コンポーネント(Durability Component)の様子。

vSAN 7.0 U2 では、障害発生時にデータ損失リスクを低減して、障害復旧時に再同期を短縮できる「持続性コンポーネント(Durability Component)」という仕組みが導入されました。そこで、実際に持続性コンポーネントが作成される様子を眺めてみます。 リリー…

PowerCLI で vSphere with Tanzu ワークロード管理を有効化。(HAProxy)

PowerCLI 12.3 で、HAProxy を利用した vSphere with Tanzu のワークロード管理を有効化してみます。 今回の内容です。 はじめに 今回の環境 Enable-WMCluster のコマンド ラインの様子 Enable-WMCluster の実行 はじめに PowerCLI 12.1 から、vSphere with …

vSphere with Tanzu NSX-ALB(Avi)版ラボ環境構築。Part-05 Tanzu Kubernetes クラスタの作成

vSphere 7.0 U2 で、vSphere with Tanzu + NSX Advanced Load Balancer のラボ環境を構築していきます。今回は、スーパーバイザー名前空間に Tanzu Kubernetes クラスタ(TKC)を作成します。 前回はこちら。 vSphere with Tanzu NSX-ALB(Avi)版ラボ環境…

vSphere with Tanzu NSX-ALB(Avi)版ラボ環境構築。Part-04 スーパーバイザー クラスタの構成

vSphere 7.0 U2 で、vSphere with Tanzu + NSX Advanced Load Balancer のラボ環境を構築していきます。今回は、スーパーバイザー クラスタを作成(クラスタでのワークロード管理を有効化)します。 前回(NSX-ALB での準備の様子)はこちら。 vSphere with…

vSphere with Tanzu NSX-ALB(Avi)版ラボ環境構築。Part-03 NSX-ALB コントローラでの準備

vSphere 7.0 U2 で、vSphere with Tanzu + NSX Advanced Load Balancer のラボ環境を構築していきます。今回は、デプロイして初期設定を済ませた NSX-ALB コントローラで、スーパーバイザー クラスタ有効化のための準備を進めていきます。 前回はこちら。今…

vSphere with Tanzu NSX-ALB(Avi)版ラボ環境構築。Part-02 NSX-ALB コントローラのデプロイ

vSphere 7.0 U2 で、vSphere with Tanzu + NSX Advanced Load Balancer のラボ環境を構築していきます。今回は NSX Advanced Load Balancer (NSX-ALB)のコントローラをデプロイしていきます。なお、NSX-ALB では、いろいろな場所で以前の「Avi」という名…

vSphere with Tanzu NSX-ALB(Avi)版ラボ環境構築。Part-01 事前準備編

vSphere 7.0 U2 から、vSphere with Tanzu のネットワーク スタックとして、NSX Advanced Load Balancer(NSX-ALB。旧名は Avi)を利用できるようになりました。そこで、さっそくラボ環境を構築してみました。 ドキュメントでは下記のあたりを参考にしていま…

vSphere with Tanzu むけ TKG コンテンツ ライブラリの用意。

vSphere 7.0 U1 以降でスーパーバイザー クラスタ(ワークロード管理)を有効化するには、Tanzu Kubernetes Grid OVF のコンテンツ ライブラリの事前作成が必要になりました。そこで、あらためて vCenter Server 7.0 U2 での手順の様子と、ラボでは便利な容…

自宅ラボ NSX-T 3.1 の構築。Step-11: SNAT ルールの追加

NSX-T のネステッド ESXi 環境を利用したラボを構築してみます。今回は NSX-T のラボから外部ネットワーク(インターネット)に出るために SNAT ルールを追加します。 前回はこちら。 自宅ラボ NSX-T 3.1 の構築。Step-10: DHCP サーバの作成 - vm.gowatana.…

自宅ラボ NSX-T 3.1 の構築。Step-10: DHCP サーバの作成

NSX-T のネステッド ESXi 環境を利用したラボを構築してみます。今回はオーバーレイ セグメントで利用できるように、NSX Edge による DHCP サーバを作成します。 前回はこちら。 自宅ラボ NSX-T 3.1 の構築。Step-09: オーバーレイ セグメントの作成 - vm.go…

自宅ラボ NSX-T 3.1 の構築。Step-09: オーバーレイ セグメントの作成

NSX-T のネステッド ESXi 環境を利用したラボを構築してみます。今回はオーバーレイ セグメントを作成します。 前回はこちら。 自宅ラボ NSX-T 3.1 の構築。Step-08: Tier-1 ゲートウェイの作成 - vm.gowatana.jp 今回の内容です。 オーバーレイ セグメント…

自宅ラボ NSX-T 3.1 の構築。Step-08: Tier-1 ゲートウェイの作成

NSX-T のネステッド ESXi 環境を利用したラボを構築してみます。今回は、Tier-1 ゲートウェイを作成します。 前回はこちら。 自宅ラボ NSX-T 3.1 の構築。Step-07: Tier-0 ゲートウェイの作成 - vm.gowatana.jp 今回の内容です。 Tier-1 ゲートウェイの作成 …

自宅ラボ NSX-T 3.1 の構築。Step-07: Tier-0 ゲートウェイの作成

NSX-T のネステッド ESXi 環境を利用したラボを構築してみます。今回は、Tier-0 ゲートウェイを作成します。 前回はこちら。 自宅ラボ NSX-T 3.1 の構築。Step-06: Edge トランスポート ノードの準備 - vm.gowatana.jp 今回の内容です。 NSX-T の論理ルータ …

自宅ラボ NSX-T 3.1 の構築。Step-06: Edge トランスポート ノードの準備

NSX-T のネステッド ESXi 環境を利用したラボを構築してみます。今回は、Edge トランスポート ノードの準備をします。 前回はこちら。 自宅ラボ NSX-T 3.1 の構築。Step-05: ホスト トランスポート ノードの準備 - vm.gowatana.jp 今回の内容です。 ポートグ…

自宅ラボ NSX-T 3.1 の構築。Step-05: ホスト トランスポート ノードの準備

NSX-T のネステッド ESXi 環境を利用したラボを構築してみます。今回は、NSX Manager と vCenter Server の連携設定と、トランスポート ノードの準備をします。 前回はこちら。 自宅ラボ NSX-T 3.1 の構築。Step-04: NSX Manager のデプロイ - vm.gowatana.j…

自宅ラボ NSX-T 3.1 の構築。Step-04: NSX Manager のデプロイ

NSX-T のネステッド ESXi 環境を利用したラボを構築してみます。今回は、NSX Manager(Unified Appliance) のデプロイです。 前回はこちら。 自宅ラボ NSX-T 3.1 の構築。Step-03: 仮想スイッチの構成 - vm.gowatana.jp 今回の内容です。 NSX Manager のデ…

自宅ラボ NSX-T 3.1 の構築。Step-03: 仮想スイッチの構成

NSX-T のネステッド ESXi 環境を利用したラボを構築してみます。今回は、ネットワークや仮想スイッチまわりの準備について紹介します。 前回の投稿はこちら。 自宅ラボ NSX-T 3.1 の構築。Step-02: ネストの外側での準備 - vm.gowatana.jp 今回の内容です。 …

自宅ラボ NSX-T 3.1 の構築。Step-02: ネストの外側での準備

NSX-T のネステッド ESXi 環境を利用したラボを構築してみます。 今回は、ネスト環境として土台になる、外側の vSphere 環境の準備について、VM の配置やリソース割り当てなどを紹介します。 前回はこちら。 自宅ラボ NSX-T 3.1 の構築。Step-01: はじめに -…

自宅ラボ NSX-T 3.1 の構築。Step-01: はじめに

自宅で手軽に NSX-T の機能を確認できるように、ネステッド ESXi のラボを構築してみます。以前に VMTN のブログで紹介していたものを、NSX-T 3.1 むけに更新して紹介します。 今回のラボ構成の方針 ソフトウェア 物理ホスト VM 配置とリソース割り当て ネッ…

ESXi を PXE ブートでインストールしてみる。(dnsmasq 利用版)

ESXi は、PXE でネットワーク ブートしてインストールすることができます。そこで、PXE 環境を Linux と dnsmasq を利用して構築してみます。 PXE 環境を用意するには、DHCP や TFTP といったサービスが必要です。dnsmasq は簡易的な DNS サーバとして利用さ…

PowerCLI で ネステッド ESXi 環境むけの VSAN.FakeSCSIReservations を設定してみる。

vSAN データストアにネステッド ESXi (ゲスト OS として ESXi をインストール)を配置するときに、仮想ディスクのフォーマット エラー対策などで物理サーバ側の ESXi で /VSAN/FakeSCSIReservations を有効にします。 参考: How to run Nested ESXi on top…