vm.gowatana.jp

NEOにほんごVMware(仮)

vSphere with Tanzu ラボ環境構築。まとめ

vSphere 7.0 / 7.0 U1 にて、vSphere with Tanzu 自宅ラボ環境を構築した様子を伝えします。

vSphere with Tanzu の Kubernetes クラスタ

vSphere with Tanzu では、2種類の Kubernetes クラスタが利用できるようになります。

vSphere with Tanzu によるワークロード管理を有効化した vSphere クラスタは、 スーパーバイザー クラスタと呼ばれ、vCenter のインベントリで「名前空間(Namespace)」が作成できるようになります。この機能は Workload Control Plane(WCP)と呼ばれてていました。

スーパーバイザー クラスタでは、ESXi が Kubernetes の ワーカー ノードになります。そして名前空間には、vSphere Pod と呼ばれる特殊な Kubernetes Pod や、Tanzu Kubernetes クラスタが作成できます。

簡単にそれぞれの特徴を紹介します。

スーパーバイザー クラスタ

  • Kubernetes の機能が組み込まれた vSphere クラスタ。vSphere クラスタで「ワークロード管理」が有効化されたもの。
  • Kubernetes クラスタの制御プレーン ノードの役割をもつ仮想アプライアンスが、自動デプロイされる。そしてワーカー ノードの役割をもつのは ESXi ホスト。
  • vSphere 上で Kubernetes リソースを稼働させることができ、スーパーバイザー名前空間や vSphere Pod などが作成できるようになる。Kubernetes は vSphere むけにカスタマイズされていて、アップストリームの Kubernetes にはない制限もある。
  • 「vSphere Pod」では、Pod が作成されるたびに Pod 専用の VM が起動される。ただし作成するには NSX-T が必要。

Tanzu Kubernetes クラスタ

  • スーパーバイザー クラスタの「スーパーバイザー名前空間」に、「Tanzu Kubernetes Grid」を利用して作成される Kubernetes クラスタ。
  • ゲスト OS での Kubernetes クラスタを構成する。つまり VM として Kubernetes の制御プレーン / ワーカー ノードが作成される。「ゲスト クラスタ」とも呼ばれる。つまり、vSphere Client から見えるのはワーカー ノードを担当する VM まで。
  • アップストリームの Kubernetes がそのまま利用できる。「コンテナ ホストの VM」によるノードで構成される Kubernetes クラスタで、vSphere Pod ではなく、普通の Pod を起動することになる。

f:id:gowatana:20201115173637p:plain

vSphere 環境に 2種類の Kubernetes クラスタを作成していきます。

vSphere 7.0 + NSX-T

vSphere with Kubernetes(with Tanzu ではなく)と呼ばれていたころの投稿です。vSphere 7.0 GA 時点では、NSX-T が必須でした。

スーパーバイザー クラスタを有効化したうえで、そこに Tanzu Kubernetes クラスタを作成します。

環境説明、vSphere / データストアまわりの準備

NSX-T 関連の準備

スーパーバイザー クラスタの作成

Tanzu Kubernetes クラスタの作成

vSphere 7.0 U1 + vDS + HAProxy

vSphere の vDS(NSX-T なし)+ HAProxy のラボを構築します。  

NSX-T を利用した場合と同様に、スーパーバイザー クラスタを有効化したうえで、そこに Tanzu Kubernetes クラスタを作成します。ただし、NSX-T がないため vSphere Pod は作成できません。

vSphere 7.0 U1 + NSX-T

vSphere 7.0 U1 でのスーパーバイザー クラスタを NSX-T ありで構成する手順は、少し変更があります。たとえば、TKG のコンテンツ ライブラリは「ワークロード管理」有効化前に作成しておくことが必要になりました。

Tanzu Kubernetes クラスタへの接続方法について

 

以上。