vm.gowatana.jp

NEOにほんごVMware(仮)

vSphere with Tanzu ラボ環境構築。まとめ

vSphere 7.0 / 7.0 U1 にて、vSphere with Tanzu 自宅ラボ環境を構築した様子を伝えします。 vSphere with Tanzu の Kubernetes クラスタ スーパーバイザー クラスタ Tanzu Kubernetes クラスタ vSphere 7.0 + NSX-T 環境説明、vSphere / データストアまわり…

NSX ALB(Avi)21.1.1 へのアップグレードと日本語 UI への変更。

NSX Advanced Load Balancer(ALB。旧 Avi)のバージョン 21.1.1 がリリースされて、Web UI が日本語対応になりました。そこで、さっそくアップグレードしてみました。 NSX Advanced Load Balancer 21.1.X Release Notes 今回の内容です。 今回の環境 ソフト…

NSX ALB(Avi)から Ansible で情報取得してみる。(JSON ファイル)

VMware NSX Advanced Load Balancer(NSX ALB、旧 Avi)から、Ansible で既存オブジェクトの情報を取得して、JSON 形式のファイルとして保存してみます。 今回の内容です。 Ansble による NSX ALB オブジェクトの情報取得について 今回の環境 Playbook の作…

NSX ALB(Avi)に Ansible で接続してみる。

VMware NSX Advanced Load Balancer(NSX ALB、旧 Avi)に、Ansible で接続してみます。 今回の内容です。 今回の環境 Ansible 実行環境 NSX ALB の Ansible モジュール NSX ALB 環境 Ansible RPM のインストール Ansible の NSX ALB 接続準備 Ansible から …

NSX ALB(Avi)Essentials エディションで SSL 証明書を作成してみる。(Avi CLI)

VMware NSX Advanced Load Balancer(NSX ALB、旧 Avi)の Essentials エディションでは、Avi UI のメニューに制限があります。 SSL 証明書の作成ボタンも表示されなくなってしまいますが、vSphere with Tanzu でのスーパーバイザ クラスタ構成時には、Avi C…

NSX ALB の Avi CLI を VMware Photon OS 4.0 で使用してみる。

VMware NSX Advanced Load Balancer(NSX ALB、旧 Avi)の CLI である「Avi CLI」は、Avi Controller VM に SSH ログインすれば使用できます。しかし Avi CLI は、Linux / Mac / Docker コンテナにインストールして使用することもできます。 そこで、Linux …

vSphere with Tanzu NSX-ALB(Avi)版ラボ環境構築。(NSX-ALB Essentials 編)

vSphere with Tanzu では、ロードバランサとして VMware NSX Advanced Load Balancer(NSX ALB、旧 Avi)が利用できます。そして、Tanzu Basic または Standard には、NSX ALB Essentials エディションが含まれています。 VMware NSX Advanced Load Balancer…

NSX ALB(Avi)を Essentials エディションに変更してみる。

VMware NSX Advanced Load Balancer(NSX ALB、旧 Avi)には、VMware NSX Advanced Load Balancer essentials for Tanzu という Tanzu Tanzu Basic または Standard むけのエディションがあります。そこで、実際に NSX ALB を Essentials に変更してみます。…

NSX ALB(Avi)の検証環境を構築してみる。

NSX Advanced Load Balancer(Avi)の検証環境を構築してみます。 ドキュメントでは、まずこのあたりが参考になります。ただし、バージョン 20.1.4 → 20.1.5 で、初回 Avi UI アクセス時のウィザードが大きく変更されました。 Installing Avi Vantage for VM…

vSphere with Tanzu での「名前空間のセルフ サービス」を試してみる。(vSphere 7.0 U2a)

vSphere 7.0 U2a の新機能である、名前空間サービスを有効化してみます。これは、kubectl を利用して、開発者自身が(vSphere の管理者に依頼しなくても)セルフ サービスでスーパーバイザー名前空間を作成できるようになる、というものです。 ドキュメント…

vSphere with Tanzu の VM Service を試してみる。(vSphere 7.0 U2a)

vSphere 7.0 U2a の新機能である、スーパーバイザー クラスタでの Virtual Machine Service(VM Service)を試してみます。 今回の内容です。 VM Service とは 今回の環境 ソフトウェア バージョン スーパーバイザー名前空間 コンテンツ ライブラリの準備 VM…