vm.gowatana.jp

NEOにほんごVMware(仮)

vSphere with Tanzu ラボ環境構築。まとめ

vSphere 7.0 / 7.0 U1 にて、vSphere with Tanzu 自宅ラボ環境を構築した様子を伝えします。 vSphere with Tanzu の Kubernetes クラスタ スーパーバイザー クラスタ Tanzu Kubernetes クラスタ vSphere 7.0 + NSX-T 環境説明、vSphere / データストアまわり…

NSX-T 3.0: DFW を VLAN セグメントで使用してみる。(後編)

NSX-T の分散ファイアウォール(DFW)を、VLAN セグメントで使用してみます。 前回は、簡単な動作確認をしてみました。 NSX-T 3.0: DFW を VLAN セグメントで使用してみる。(前編) - vm.gowatana.jp 今回は、vNIC のポートグループを「VLAN セグメント」…

NSX-T 3.0: DFW を VLAN セグメントで使用してみる。(前編)

NSX-T の分散ファイアウォール(DFW)は、NSX-T のセグメント(オーバーレイ or VLAN)で機能します。今回は、VLAN セグメントでも DFW が利用できることを確認してみます。 ラボ環境について 今回のラボ環境は、下記のように用意してあります。特にオーバー…

NSX-T 3.0 のシンプルな DFW ラボを構築する。

NSX-T には、分散ファイアウォール(DFW)機能があります。この DFW は、NSX-T の有名な機能であるオーバーレイ ネットワーク(Geneve による)の環境でなくても利用可能です。 そこで今回は、オーバーレイ ネットワークなしのシンプルな DFW ラボ環境を構築…

vSphere with Tanzu の「ワークロード管理」を PowerCLI で操作してみる。

PowerCLI 12.1 では、vSphere with Tanzu でのスーパーバイザー クラスタの「ワークロード管理」の操作ができるようになりました。ためしに vSphere 7.0 U1 + NSX-T 3.0 の環境で、ワークロード管理の有効化を無効化を実行してみます。 リファレンスは下記の…

スーパーバイザー名前空間を分けて同名 vSphere Pod を起動してみる。

通常の Kubernetes では、名前空間(Namespace)を分ければ、同名の Pod を作成できます。今回は、ためしに vSphere with Kubernetes の 2つのスーパーバイザー名前空間でも、あえて同名の vSphere Pod を起動してみました。 ソフトウェア バージョンやホス…

Tanzu Kubernetes クラスタへのさまざまな接続方法を試してみる。

vSphere with Tanzu のスーパーバイザー クラスタ上に作成した「Tanzu Kubernetes クラスタ」に、kubectl を使用していくつかの方法で接続してみます。 ドキュメントでは、下記のあたりが参考になります。 vSphere with Tanzu クラスタへの接続 今回の目次で…

vSphere Pod を Anti-Affinity で起動してみる。

vSphere with Tanzu のスーパーバイザー クラスタで、vSphere Pod を ESXi ホストに分散して起動する「アンチ アフィニティ」を試してみます。 vSphere で VM を起動する場合でも、複数台の VM を ESXi に分散して配置しようとするケースが多くあります。た…

うまく削除できなかった vSphere Pod を削除してみる。

vSphere with Tanzu によるスーパーバイザー クラスタで、vSphere Pod が削除できなくなることがあります。そもそも vSphere Pod は右クリックメニューなどから削除できないこともあり、わりと悩ましい状態になります。 そこで、なぜか残ってしまった Pod を…

Kubernetes で PowerCLI を起動してみる。

vSphere の運用では、PowerCLI が利用できると便利です。今回は Kubernetes で PowerCLI コンテナを起動してみます。 PowerCLI は PowerShell ベースのツールです。以前は Windows が必要でしたが、最近では Linux の PowerShell でも利用でき、Docker コン…

vSphere 7.0 と 7.0 U1 での「ワークロード管理」有効化の違いについて。(NSX-T あり編)

vSphere 7.0 U1 では「vSphere with Kubernetes」が「vSphere with Tanzu」になり、製品構成や技術的な面で vSphere 環境で Tanzu Kubernetes Grid によるKubernetes が利用しやすくなりました。 たとえば、NSX-T がなくても Kubernetes が利用できるように…