vm.gowatana.jp

NEOにほんごVMware(仮)

vSphere with Tanzu ラボ環境構築。Part-08: NSX Edge 設定編

引き続き、vSphere with Tanzu を体験するためのラボ環境構築をしていきます。今回は、前回デプロイした NSX Edge を、トランスポート ノードとして設定します。

 

前回はこちら。

 

一連の投稿のまとめはこちら。

 

今回の内容です。

 

Edge 用 アップリンク プロファイルの作成

NSX Edge は、以前に設定した ESXi の「ホスト トランスポート ノード」とは NIC 数やチーミング ポリシー、TEP の接続するネットワーク(VLAN ID)が異なったりするので、別のアップリンク プロファイルを追加作成します。

 

NSX Manager にログインして、「システム」→「設定」→「ファブリック」→「プロファイル」を開きます。そして「アップリンク プロファイル」タブの「追加」から、「アップリンク プロファイルの作成」を開いて、設定値を入力していきます。

アップリンク プロファイルの名前は「uplink-profile-edge」にしています。

f:id:gowatana:20201116080003p:plain

 

そのまま下にスクロールして、「デフォルトのチーミング」に、アップリンクの名前を入力します。

  • アクティブ アップリンク: uplink-1
  • スタンバイ アップリンク: 空欄のまま(Edge VM は、仮想スイッチ / ポートグループ側でのチーミングとなるので)

 

のこりは、次のような設定にしています。

  • トランスポート VLAN: 71
  • MTU: 空欄のまま。(vDS 側で設定するため)

f:id:gowatana:20201116080028p:plain

 

Edge 用のアップリンク プロファイルが作成されました。

f:id:gowatana:20201116080047p:plain

 

Edge トランスポート ノードの設定

NSX Edge の、トランスポート ノードとしての設定をすすめます。

「システム」→「設定」→「ファブリック」→「ノード」→「Edge トランスポート ノード」を開きます。デプロイずみの NSX Edge(lab-nsx-edge-31)の「NSX の設定」をクリックします。

f:id:gowatana:20201116080106p:plain

 

「Edge トランスポート ノードの編集」で、「ノード スイッチの作成」についてパラメータを入力していきます。

  • Edge スイッチ名: (デフォルトのまま)nvds1
  • トランスポート ゾーン: nsx-overlay-transportzone、nsx-vlan-transportzone
  • (ESXi とは異なり、オーバーレイ と VLAN 両方のトランスポート ゾーンを選択します)

f:id:gowatana:20201116080126p:plain

 

少し下にスクロールし、次のように入力して「保存」をクリックします。

  • アップリンク プロファイル: uplink-profile-edge
  • IP の割り当て: IP プールを使用
  • IP プール: ip-pool-tep
  • チーミング ポリシー スイッチ マッピング → uplink-1: fp-eth0 (Edge VM の 2つめの vNIC にあたります)

f:id:gowatana:20201116080145p:plain

 

少し待って、画面下の「更新」をクリックすると、設定の状態が「成功」になるはずです。

f:id:gowatana:20201116080201p:plain

 

Edge クラスタの作成

NSX の Edge トランスポート ノードは、「Edge クラスタ」単位で管理します。

通常は複数台の Edge トランスポート ノードを用意して Edge クラスタを構成します。このラボは、ハードウェア リソースの都合もあり 1台だけです。

しかし NSX-T では、 Edge クラスタを構成する必要があるので、Edge トランスポート ノードが 1台だけの Edge クラスタを作成しておきます。

 

「システム」→「設定」→「ファブリック」→「ノード」→「Edge クラスタ」を開きます。「追加」をクリックして「Edge クラスタの追加」を開き、次のようにパラメータを入力して、「追加」をクリックします。

  • 名前: edge-cluster-01
  • Edge クラスタ プロファイル: デフォルトのまま
  • トランスポート ノード: デフォルトのまま
  • 選択済み: lab-nsx-edge-31(対象の Edge ノードを選択して「>」ボタンで移動する)

f:id:gowatana:20201116080240p:plain

 

これで、Edge クラスタが作成されます。

f:id:gowatana:20201116080303p:plain

 

つづく。