vm.gowatana.jp

NEOにほんごVMware(仮)

vSAN iSCSI ターゲットを有効化してみる。

個人的な vSAN Advent Calendar 20日目です。

自宅ラボの vSAN 7.0 U 1 Advent Calendar 2020 - Adventar

vSAN の iSCSI ターゲットを有効化してみます。今回は、あえて設定変更を最小限にしてみました。

今回の環境

vSAN 7.0 U1 の 4ノードクラスタです。vCenter 7.0 U1c + ESXi 7.0 U1 です。

f:id:gowatana:20201222001856p:plain

ESXi には、iSCSI ネットワークむけに VMkernel ポート(vmk3)を作成してあります。

f:id:gowatana:20201222002120p:plain

iSCSI ターゲット サービスの有効化

vSAN クラスタで、iSCSI ターゲット サービスを有効化します。

vSAN クラスタの「設定」→「vSAN」→「サービス」で、vSAN iSCSI ターゲット サービスの「編集」を開きます。

f:id:gowatana:20201222004003p:plain

つぎにように設定変更して、「適用」をクリックします。

  • vSAN iSCSI ターゲット サービスを有効化: 有効(緑)にする
  • デフォルトの iSCSI ネットワーク: vmk3(ESXi で iSCSI むけに作成した vmk ポートを選択)

f:id:gowatana:20201222004233p:plain

iSCSI ターゲット サービスが有効化されました。

f:id:gowatana:20201222004642p:plain

iSCSI ターゲットの作成

vSAN クラスタの「設定」→「iSCSI ターゲット サービス」→「iSCSI ターゲット」を開き、「追加」をクリックします。

f:id:gowatana:20201222004729p:plain

エイリアスだけ入力(今回は vit-01)して、他のパラメータはデフォルトのままにします。ターゲットの IQN は、空欄にしておくと自動生成されます。

f:id:gowatana:20201222005124p:plain

iSCSI ターゲットが作成されました。

f:id:gowatana:20201222005304p:plain

iSCSI LUN の作成

この時点では、ストレージ サーバが作成されただけで、ボリュームはまだ存在しない状態です。「vSAN iSCSI LUN - vit-01(ターゲットのエイリアス)」にある「追加」から、LUN を作成します。

f:id:gowatana:20201222005532p:plain

今回は、LUN の容量(20GB)だけ指定しています。ちなみに ID は自動採番されます。

f:id:gowatana:20201222005857p:plain

LUN が作成されました。

f:id:gowatana:20201222010015p:plain

おまけ

vSAN ターゲットに作成された LUN は、VM の仮想ディスクと同じように扱われます。

vSAN クラスタの「監視」→vSAN の「仮想オブジェクト」を開き、「iSCSI ターゲット」をクリックすると、LUN にかかわるオブジェクトを表示できます。

作成した「vit-01」ターゲットの LUN 選択して、「配置の詳細の表示」をクリックします。

f:id:gowatana:20201222012047p:plain

この LUN には、仮想マシン ストレージ ポリシー「vSAN Default Storage Policy」が割り当てられているので、コンポーネント 2つと監視(Witness)が、ホストに分散配置されています。

f:id:gowatana:20201222012203p:plain

つづく。

vSAN iSCSI ターゲットに Linux から接続してみる。(入門編) - vm.gowatana.jp