vm.gowatana.jp

NEOにほんごVMware(仮)

vSphere with Tanzu NSX-ALB(Avi)版ラボ環境構築。(NSX-ALB Essentials 編)

vSphere with Tanzu では、ロードバランサとして VMware NSX Advanced Load Balancer(NSX ALB、旧 Avi)が利用できます。そして、Tanzu Basic または Standard には、NSX ALB Essentials エディションが含まれています。

 

今回は、NSX ALB Essentials エディションを、vSphere with Tanzu のスーパーバイザー クラスタで利用するためにセットアップしてみます。

これは、以前の投稿(下記)のうち Part-03 の内容を置き換える手順になります。

 

今回の内容です。

 

今回の環境

今回利用するソフトウェアです。

  • NSX ALB 20.1.5(Avi Vantage Version: 20.1.5)

 

そして、すでに Avi Controller の OVA はデプロイしてあり、Avi UI で admin ユーザのパスワードを設定してある状態から手順を開始します。

OVA の入手とデプロイ、Avi UI へのアクセス手順については省略するので、下記の投稿も参考にしてください。

 

Avi Controller の証明書の置き換え

Avi Controller をデフォルトの証明書のままにしておくと、vSphere with Tanzu のワークロード管理の有効化の際に、Avi Controller と連携するコンテナ(AKO)で下記のようなエラーになってしまいます。すくなくとも、証明書には IP SAN(Subject Alternate Name)の設定が必要なようです。

E0616 23:15:48.030827 1 avisession.go:534] Client error for URI: login. Error: Post https://192.168.10.97:443/login: x509: cannot validate certificate for 192.168.10.97 because it doesn't contain any IP SANs

 

NSX ALB を Essentials エディションに切り替えると、NSX ALB 20.1.5 時点の Avi UI では、SSL 証明書が作成できなくなってしまいます。そこで、Enterprise Edition のモードの時点で Avi Controller の証明書を作成し、置き換えておきます。

証明書の作成と置き換えの手順は、以前の投稿(下記の「証明書の割り当て」)の手順と同様です。

 

ちなみに Avi CLI であれば、Essintials エディションでも SSL 証明書が作成できます。

 

Avi Controller の Essentials エディションへの変更

Avi CLI で NSX ALB のエディションを Essentials に変更します。Avi CLI へのアクセス方法や、具体的な手順は下記を参考にしてください。

 

ただし、Avi UI で証明書を作成した際に、Essentials エディション範囲外のパラメータが設定されてしまうようです。

Avi CLI の「show configuration audit tier essentials」コマンドでは、ocsp_config という設定がライセンス違反(License Violations)となり、下記のようなメッセージが表示されてしまいます。

Field SSLKeyAndCertificate.ocsp_config cannot be set in ESSENTIALS license tier.

 

そこで、Essentials に変更する前に、証明書の設定値 から、ocsp_config という設定を削除しておきます。例にある「cert-lab-avi-52」は、直前手順にある Avi UI で作成した証明書の名前です。

[admin:192-168-10-97]: > configure sslkeyandcertificate cert-lab-avi-52
[admin:192-168-10-97]: sslkeyandcertificate> no ocsp_config
[admin:192-168-10-97]: sslkeyandcertificate> save

 

これで、Avi CLI の「configure systemconfiguration default_license_tier essentials」コマンドで Essentials エディションに切り替えられるようになります。

 

Avi Controller での設定

すでに実施した証明書の置き換えを除く、vSphere with Tanzu で利用するための設定をすすめます。

 

Default-Cloud の設定

vCenter Server との連携のため、Default-Cloud の設定を変更します。

Avi UI で「Infrastructure」→「Clouds」を開き、Default-Cloud の Edit ボタンをクリックします。

f:id:gowatana:20210619034312p:plain

 

「Select Cloud」タブで、「VMware vCenter/vSphere ESXi」を選択し、「Next」で進みます。ちなみに、選択が vCenter と「No Orchestrator」の 2種類だけになっているのは、Essentials エディションに変更したためです。

f:id:gowatana:20210619034450p:plain

 

「Infrastructure」タブでは、vCenter Server のログイン情報と、アドレスを入力し、「Next」で進みます。

f:id:gowatana:20210619034619p:plain

 

「Data Center」タブでは、vCenter インベントリのデータセンタを指定して、「Next」で進みます。

f:id:gowatana:20210619034717p:plain

 

「Network」タブでは、次のパラメータを入力して「Save」で保存します。

  • Management Network: 管理ネットワークのポートグループ。
  • Template Service Engine Group: Default-Group
  • IP Subnet:管理ネットワークのネットワーク アドレス。
  • Default Gateway
  • Add Static IP Address Pool: Service Engine の管理ネットワーク アドレスとして払い出される IP プールの範囲を指定。

f:id:gowatana:20210619034858p:plain

 

Service Engine Group の設定

NSX ALB のデータ プレーンにあたる、「Service Engine」をデプロイするための設定をします。

「Infrastructure」→「Service Engine Group」を開き、「Default-Group」の Edit ボタンをクリックします。

f:id:gowatana:20210619035145p:plain

「Basic Settings」タブの「High Availability Mode」では、「Legacy HA」→「Active/Standby」を選択します。NSX ALB Essentials エディションでは、Active/Standby モードだけサポートされています。

f:id:gowatana:20210619035630p:plain

 

「Advanced」タブで、Service Engine のデプロイ先となる、クラスタとデータストアを選択します。次のように選択してから「Save」をクリックします。

  • 「Cluster」では、「Include」を選択して、vSphere クラスタを選択。
  • 「Data Store」では、「Shared」を選択し、「Include」を選択して、あらかじめ ESXi ホストにマウントしておいた共有データストアを選択。

f:id:gowatana:20210619035808p:plain

 

ネットワークの IP アドレス プール設定

「Infrastructure」→「Networks」を開いて、データ ネットワーク(LB VIP のネットワーク)の Edit ボタンをクリックします。

f:id:gowatana:20210619040149p:plain

 

「Add Subnet」をクリックしてから、IP サブネットと、Static IP Address Pool の IP アドレス範囲を入力して、IP アドレス プールを追加するため、「Add Static IP Address Pool」をクリックします。

f:id:gowatana:20210619040253p:plain

 

IP Address Pool が追加されたことを確認して、「Save」で保存します。

f:id:gowatana:20210619040334p:plain

 

ルーティングの設定

 スタティック ルートとして、データ(VIP)ネットワークのゲートウェイを、デフォルト ゲートウェイとして設定します。

「Infrastructure」→「Routing」→「Static Route」を開き、「CREATE」をクリックします。

f:id:gowatana:20210619043232p:plain

 

次のパラメータを入力して「Save」で保存します。

  • Gateway Subnet: 0.0.0.0/0
  • Next Hop: データ(VIP)ネットワークのゲートウェイ。

f:id:gowatana:20210619043241p:plain

 

Default Gateway が設定されました。

f:id:gowatana:20210619043250p:plain

 

IPAM プロファイルの作成

データ ネットワーク

「Templates」→「Profiles」→「IPAM/DNS Profiles」を開き、「CREATE」→「IPAM Profile」をクリックします。

f:id:gowatana:20210619040522p:plain

 

次のように、プロファイルのパラメータを入力していきます。

  • Name: プロファイルの名前。例では profile-avi-ipam-01
  • Type: 「Avi Vantage IPAM」を選択。
  • Allocate IP in VRF: チェックを ON にする。

そして、「Add Usable Network」をクリックします。

f:id:gowatana:20210619040736p:plain

 

IPAM を利用するネットワークを選択して、「Save」をクリックします。

  • Cloud for Usable Network: Default-Cloud
  • Usable Network: データ ネットワークを選択。例では DPortGroup-0024-LBData

f:id:gowatana:20210619040846p:plain

 

ちなみに、Essentials エディションにすると DNS プロファイルは作成できなくなります。

 

Default-Cloud への IPAM プロファイルの割り当て

作成した IPAM プロファイルは、Default-Cloud に割り当てます。

「Infrastructure」→「Clouds」を開き、「Default-Cloud」の Edit ボタンをクリックします。そして、「Infrastructure」タブの「IPAM Profile」でプロファイルを選択してから「Save」で保存します。

f:id:gowatana:20210619041008p:plain

 

この後は、スーパーバイザー クラスタの構成(ワークロード管理の有効化)のウィザードで、この Avi Controller を指定します。

 

参考情報

最後に、vSphere with Tanzu のスーパーバイザー クラスタを有効化し、Virtual Service が自動作成されたあとの様子を紹介しておこうと思います。

 

Essentials エディションでは、NSX ALB の機能がだいぶ制限されています。

たとえば、デモなどでおなじみの Vietual Service の Non-Significant Logs 確認もできなくなりました。

 

Enterprise エディションだと、下記のような可視化ができるのですが・・・

f:id:gowatana:20210619123138p:plain

 

Essentials エディションでは利用できなくなります。ちなみに、この機能を利用している状態だと、Enterprise → Essentials への変更はできません。

f:id:gowatana:20210619123314p:plain

 

これは、Avi CLI の「show configuration audit tier essentials」コマンドで確認すると、VirtualService.analytics_policy の full_client_logs や learning_log_policy といった機能が Essentials では利用できないことが理由のようです。

f:id:gowatana:20210619123426p:plain

 

vSphere with Tanzu のロードバランサとして NSX ALB を利用する場合、Essentials エディションでは「動きはする」といった感じで、実際のところは Enterprise エディションがよさそうかなと思いました。

 

以上、NSX ALB Essentials のスーパーバイザー クラスタむけの設定でした。